『10日寿命の龍育成』龍の屍を超えていけ!世代を重ねて強くなるランアクションゲーム

10日寿命の龍育成イラスト

10日寿命の龍育成/ガイ注くんの評価

星3

『10日寿命の龍育成』は『Tz Chiu Lam』からリリースされた「横スクロール型ランアクション」ゲームだ。

プレイヤーは”生存期間“10日の龍を育成し、最果ての地に生息している”ドラゴン討伐“を目指す。育てる「龍」は必ず10日で死んでしまうが、後世に大きな能力を与える「タマゴ」を産み落とし、1代目ではひ弱な「龍」も10代目20代目と”能力“を重ねることで最果ての地に住むと言い伝えられている「ドラゴン」と戦える”ステータス“となる。

10日寿命の龍育成
10日寿命の龍育成
開発元:Tz Chiu Lam
無料
posted withアプリーチ

10日寿命の龍育成/評価レビュー

「横スクロール型ランアクション」という”単調“なゲーム性なのだが、龍の「ステータス」ありきなので開始直後に”高スコア“を出すことは”不可能”。序盤はとにかく「アイテム」を入手することが”重要“、「10世代」を超えたあたりから余裕ができ、どの種族に進化しどう育成するかという選択肢が生まれていく。

進化図2イラスト

バカなので、評価レビューに「進化図」を貼ってみました。

特定の世代では”クリア“を目指すのではなく”次の世代“のために「アイテム」をなるべく入手するなどの動きも大切。個人的には「横スクロール型ランアクション」というよりは、”育成“の「要素」が強いと思える作品だと感じた。

リザルト画面イラスト

「攻撃」で倒した敵によってもらえるアイテムに違いがあるぞ。

さらに「プレイ」中に現れる「オブジェクト」と体力回復アイテムである「草」の出現が完全「ランダム」なので、どれだけ”上手く“立ち回ろうとも死ぬとき死ぬという”無慈悲“なゲームに仕上がっている。”理不尽“な死に方をした時は、龍の「ステータス」をしっかりと増加させていなかった”自分“を恨もう。

10日寿命の龍育成/システム

このゲームの目的は、画面内に配置されている「サボテン」などをジャンプで上手く回避し「最果ての地」にいる”ドラゴン“を倒すことにある。基本操作は画面タップの「ジャンプ」と画面右に配置されている「攻撃」アイコンのタップのみ。龍は基本的に「画面右」に向かって歩き続けるのだが、龍には「体力ゲージ」と「攻撃ゲージ」が存在し、時間経過と共に「体力ゲージ」は”減少“していく。このシステムが「次はこそはイケる」と思わせる絶妙な加減である。

障害物イラスト

この茶色のサボテンを1000mまではひたすらに避けるのだ。

「体力ゲージ」が”減少“していく一方で、時間経過で「攻撃ゲージ」は”回復“していく。攻撃を行うタイミングは、どうしても避けることのできない「サボテン」や「動物」などをダメージなく処理するように使おう、サボテンに当たってしまうと「体力ゲージ」がごっそり”減る“ので、「攻撃」を上手く”利用“しやりすごそう。しかし「攻撃」ばかり行っていると「攻撃ゲージ」がなくなってしまい、ここぞという場面で「攻撃」できなくなるので”注意“が必要だ。

ゲージ切れイラスト

上手く飛べばノーダメージで行けるが、こういう時に攻撃を使いたい。

龍には「ステータス」として「HP」体力ゲージと「PP」攻撃ゲージが数値として存在する。これは「アイテム」を与えることで”増加“や”減少“など”自由“に「育成」できるのだが、1度に与えられる「アイテム」の数には”上限“があり、限界を超えると一切受け取ることらなくなる。「アイテム」の使用は1プレイごとに”5回“が上限であり、受け取らなくなったら1度”荒野“にランニングしに行こう。

『荒野行動』総勢100人で生き残りをかけて争う圧巻のバトルロワイヤルFPS

2017.12.06

序盤は「龍」のステータスが非常に”低く“、どれだけ上手く「サボテン」などを回避したとしても「最長距離」はそこまで伸びない。なので第一世代ではまず「進化図」の把握と「アイテム」集めに注力しよう。「アイテム」はアカウント単位での所持となっているので、第一世代が死んでしまったとしても後世で思う存分使用することができる。「アイテム」を使うことで変化するステータス値は以下の通り。

  • 果物 / HP2↑ / PP1↑
  • 氷の果物 / HP3↑ / PP1↑
  • 黄色の肉 / HP5↑ / PP1↓
  • 青色の肉 / HP7↑ / PP2↓
  • 鳥の翼 / HP2↑ / PP1↑
  • チタン合金 / HP5↑ / PP1↓
  • 兜虫の角 / HP5↑ / PP0
  • 龍の心 / HP10↑ / PP0
  • 龍の心B / HP20↑ / PP0
  • 龍の心D / HP30↑ / PP0

この他にもまだまだアイテムが存在し、そのアイテムをどの世代でどう使うかは君次第だ。それにしても「龍の心D」のHP上昇値おかしくないか?

青い肉イラスト

龍さんは「カビの生えた肉」を食すことで体力を上昇させるぞ。

10日間頑張って歩き続けた龍は「使命」を終え、後世に”能力”を引きづく形となる。屍となった龍は次の世代へ能力を継承するため「タマゴ」として現れるぞ、これにより”後世“の龍は”序盤”から「HPが高い状態」でスタートする。勘の良いゲーマーはもうお気づきだけと思うが『10日寿命の龍育成』はこれを何度も繰り返し、最果ての地を目指すのだ。「タマゴ」の「HP強化数値」は代を重ねるごとにどんどん大きくなっていく。

タマゴイラスト

3代目辺りでおよそHP+280の継承が行われる。

「アイテム」の説明で少し触れたが『10日寿命の龍育成』の「システム」で最も”“が多くおもしろいのが「進化」だ。「進化」は「一定のアイテム」を与えると”突然発生“する現象なのだが、その与えるべき「アイテム」は説明などが一切なく「進化図」と思われる図面を”完成“させることで少しずつだが把握できる。

進化図1イラスト

序盤は本当に何も書かれていないので、「ステータス」を上げることだけ考えよう。

「進化図」はどうやって”完成“させるのかと言うと、「答え」は非常に”簡単“でひたすらにやり込むしかない。そして”解除“された図には「進化後」の”見た目“と「進化」に必要とみられる”アイテム“が掲載されている。1500mの「TINO」に進化が成功した時、図面通り「果実」と「黄色の肉」を多く与えていたが個数までは図面に載っておらず3日かけてひたすらに与え続けた……

10日寿命の龍育成/攻略

サボテンと重なってしまっている「草」は「攻撃」を使用しても「排除」されることはないので安心して「攻撃アイコン」を”タップ“してくれ。さらに「サボテン」と「草」を”同時取得“すると回復量の方が上回るので、「攻撃ゲージ」に余裕がない場合は被弾しても構わない。怖いのはここでゲージを大量に使用し、”絶対“に喰らってはならない場面で攻撃ができないことだ。

サボテンと草イラスト

この配置はギリギリで「ジャンプ」することで「草のみ」を獲得し、サボテンの間に着地が可能だ。

「攻撃」で注意してもらいたいのは、「攻撃アクション」中はジャンプが使用できないということだ。なので「サボテン」などが詰まっている場合は”発動タイミング“を意識し、攻撃の「持続時間」が”長い“種族であれば「全破壊」を、”短い“種族であれば”最初“を「持続時間」の終わりに”破壊“し後は「ジャンプ」で”確実“に回避しよう。

種族イラスト

TINOは序盤の進化龍の中で最短の「攻撃持続」を誇っている!

『10日寿命の龍育成』は「1000m」や「1500m」まで進むと”背景“と”オブジェクト“がガラッと変わり、出現する「敵」にも大きな”変化“が現れる。敵が変われば「ドロップアイテム」にも違いが現れるので、「進化図」に見たことがない「アイテム」が掲載されている場合は、とりあえずは「1000m」そして「1500m」を目指してみよう。

背景イラスト

少しネタバレかもしれないが、1500mからアイテム欄一番右の「チタン合金」が手に入るぞ。

2代目以降の龍をプレイする際は、先祖のお墓を必ずお参りすること。お参りは「果物」などのアイテムとは比べれものにならない程「HP / PP」が上昇する、お供え物である「アイテム」を忘れることなる参拝しよう。

お墓参りイラスト

先祖は大事。

10日寿命の龍育成/まとめ

『10日寿命の龍育成』は最近の「スマホゲーム」の”特徴“である「やることが多い」の”真逆“の位置にあるゲームだと感じた。寝る前に「ちょっとだけ」遊ぶ「スマホゲーム」としては「血」なども一切でないし”オススメ“。そして「プレイ」中のBGMに謎の”中毒性“が存在するので、そこにも少し注目してもらいたい。

 

10日寿命の龍育成
10日寿命の龍育成
開発元:Tz Chiu Lam
無料
posted withアプリーチ

レビューを書く

「返信する」から投稿した場合、みんなの評価には反映されません。