『アビストライブ』コミックテイストのUIが光るセカイ系やり込みRPG

アビストライブ
アビストライブ/ゲム山くんの評価

星2.5

コミックテイストのUIが光るセカイ系ドラマチックRPG『アビストライブ』は『侵攻のオトメギアス』を手掛けた『Vector inc.』の最新作。

何気なく過ごしていた日常が突如崩壊し、隠された力に目覚め、戦闘の宿命を背負う少女を救いたい人におすすめだ。

戦闘はセミオートで進行するシンプルな作りだが、コスト制限なしで「近接攻撃型」や「補助型」「回復型」といったユニットを組み合わせてチームを作成できるので、見た目以上に戦略性が深い。

今なら「10連ガチャ×2」+「単発ガチャ6回」分の課金アイテムが貰えるので、興味があるならダウンロードしておこう。

アビストライブ

アビストライブ
開発元:Vector inc.
無料
posted with アプリーチ

アビストライブ/評価レビュー

コミック風UI

抜群のセンスを放つコミック風UI。

「戦闘を宿命付けられた可憐な少女と、秘められし力に覚醒したボク」が活躍するごりっごりのセカイ系漫画に沿ってストーリーが進行する『アビストライブ』。

機能が多いためか、一見UIがごちゃごちゃしている印象を受けるが、漫画を読む感覚でチュートリアルが進行するので全く苦にならないまま操作を覚えることができる。このシステム考えた人天才でしょ。

パンドラちゃん

画像右が麗しのパンドラちゃんだ。

ストーリーで特筆すべきは「守護モード」と「保護モード」で性格ががらっと変わる「パンドラ」ちゃんのかわいさ。ブヒブヒ言うなら今しかないって感じのイラストがローディング毎に表示されるので、これも『アビストライブ』の見どころの1つとなっている。※ただし、ロードめっちゃ早い

ちなみに、ストーリーの進行に関わるコミックは毎週金曜日に2話ずつ更新されるらしいので、毎週しっかりチェックしよう。

横スクロール戦闘

ごちゃキャラが戦うテンポの良い戦闘シーン。

タワーディフェンス風の横スクロール戦闘は基本的にはセミオートで進行。スキル発動でカットインなども入るがテンポはとても良い。

  • キャラスキル(アクティブ,パッシブ)
  • 天賦スキル(アクティブ)
  • 衣装スキル(パッシブ)

上記3種類のスキルを使い分けて勝利を目指そう。アクティブで発動するキャラスキルはそれぞれコストが違うので、ユニットタイプ(○○型)に加えてこちらにも気を使ってチームを編成する必要があるぞ。

システム面では「快速戦闘機能」や周回時の「即クリア機能」も完備しており、お手軽やり込み系RPGのトレンドもしっかり押さえている。さらに、ロード時間も爆速なので、がっつりやり込み派プレイヤーもにっこりできる仕上がりだろう。

やり込みコンテンツ

対人戦はフルオート戦闘で行われる。

  • 特殊バトル
  • 競技場
  • 無限回廊
  • 救出作戦
  • 強敵出現
  • 竜穴進撃
  • 校外探索
  • 夢の世界
  • 異次元戦

解放されていないコンテンツまで含めると、やり込み要素は膨大。対人戦やステージ攻略の効率などを考えていくと、パーティ構築はかなりのバリエーションを試すことになりそうだ。

アビストライブ/育成

スキル強化画面

キャラスキルには「アクティブ」と「パッシブ」が存在。

比較的お手軽に進行する戦闘フェーズに対して、育成のやり込み要素はこれでもかと詰め込まれている。

キャラクター育成

  • グレードアップ
  • レベルアップ
  • 進化
  • スキル強化

装備育成

  • グレードアップ
  • レベルアップ

これらの育成要素をこなしつつ、5体の最強パーティを構築していくことになるのだが、バトル中の煩雑な要素がオミットされた分、戦闘の勝敗は「育成」と「構築」が大部分を決める知略のセカイとなっている。

そう、「呂布じゃなくて諸葛亮に憧れる中二病男子」をメインターゲットにしたスマホゲームが『アビストライブ』なのだ。「イベント」や「達成ボーナス」など、資源を手に入れる方法はゲーム中に多く用意されているので「育成」はリソース管理の腕を試される展開となる。心して臨め。

アビストライブ/ガチャ

ユニットの育成やチーム構築が奥深い『アビストライブ』だけに、ガチャの排出率は気になるところ。

コスト制限がないということは最高レア=SSR」をチーム編成に必要な5体以上引かなければ、ゲームがはじまらないも同義。課金アイテムの入手手段は限られているのでせめて「5%」は欲しいところだ。

ガチャ排出率

かなり強気なガチャ排出率。

・・・

「最高レア排出率”” 2% ””」

「欠片」を集めてキャラクターを召喚するシステムがあるので、”アノゲーム“に比べれば良心的だけど、無課金者は相当きびしい戦いを強いられそう。かといって課金アイテムの単価もそう安いわけではないので、よく考えてプレイスタイルを決めよう。お母さんのクレジットカードを勝手に登録するのは反則だぞ!

禁断のガチャを搭載した”アノゲーム“の詳細はこちら↓

『デスティニーチャイルド』Live2Dで蠱惑的な美少女がぬるぬる動く怪作

2017.11.25

アビストライブ/まとめ

やり込める要素がメチャクチャ多く、育成も楽しい『アビストライブ』は「セカイ系」なストーリーにどっぷり漬かれる人なら一生遊べる可能性まである。

ごちゃキャラが入り乱れる戦闘はテンポも良く、アクション系が苦手な人も純粋な知略の勝負を楽しめるぞ。

すっごい細かい所だけど、他のプレイヤーが「SSR」キャラクターを引き当てたログが”強制表示“なのはすっごいムカつく。だって俺、引けてないから。

アビストライブ

アビストライブ
開発元:Vector inc.
無料
posted with アプリーチ

レビューを書く

「返信する」から投稿した場合、みんなの評価には反映されません。