『Jump Knights』誰よりも高くタワー登り世界の頂きを目指せ!

ジャンプナイツタイトルイラスト

JumpKnights/ガイ注くんの評価

星1.5

『Jump Knights』は『MOBIRIX』からリリースされた「タワークライムゲーム」。

操作は「タップ」で行う「ジャンプ」のみと非常に”シンプル“だ。しかしフィールド内に現れる「アイテム」や「ギミック」などをしっかりと利用しなければハイスコアは狙えない。君の”状況判断能力“を世界に見せつけてやろう。

Jump Knights
Jump Knights
開発元:MOBIRIX
無料
posted with アプリーチ

Jump Knights/評価レビュー

『Jump Knights』はキャラクターそれぞれに「スキル」が”2つ“用意されており、キャラクターごとに”個性“が現れるシステムになっている。しかしながら、50000ゴールドで購入可能な「キャラクター」が”下位層“をすべて喰っているため、個性はあるが”使うにあたいしない“状況だ。

コンテニュー画面イラスト

コンテニューにはリアルマネーが必要なので注意せよ。

だが『Jump Knights』の良い部分は、システムの「理解度」で”実力の差“が明確に出る所にある。初心者が「強キャラクター」を使用し、適当にジャンプを繰り返しても「1400m」に届く程度で終わってしまう。これは”100秒“という限られた時間で「スキル」をどれだけ発生させるかを”理解“していないからだ。

踏破記録イラスト

適当にジャンプを繰り返すだけでは、この程度の記録だ。

「ステージ」が”1つのみ“とやり込めばやり込む程に、「区間ごと」のクセを掴むことができるので、しっかりと1つのゲームを極めたい人にオススメ。だが1プレイごとに”動画広告“が差し込まれるため、免疫がないユーザーはストレスでスマホを破壊してしまうかもしれない……

『アリス・ギア・アイギス』平穏の裏に隠された悪に彼女たちは立ち向かう

2018.03.02

しかし何度もプレイを繰り返し「ゴールド」を集めたとしても、用途が「キャラクター購入&アップグレード」のみなので「1キャラクター購入後」は集めることに特に意味はない。「ただただ誰よりも上を目指す」そういう精神でプレイしたもらいたい作品だ。

Jump Knights/システム

ゲームの趣旨は、誰よりも”高く“タワーを登ることにある。さまざまな「アイテム」や「特殊ブロック」などの効果を深く理解し、適切な”状況判断“が行える者が上層へと足を踏み入れることができるのだ。

ではまず、『Jump Knights』の”基礎“的な部分からご紹介。

  • 移動 / オートで一方向に走り、壁に当たると進行方向が”左右逆“になる。
  • ジャンプ / 画面を「タップ」することでキャラクターが”進行方向“に向かってジャンプ。
  • ジャンプ成功 / コンボを+1追加。
  • ジャンプ失敗 / コンボ0にリセット。
  • コンボFull / 行動可能状況であれば、自動的にスキルが発動。
基本操作イラスト

コンボにより発動するスキルがかなり強力だぞ。

特殊ブロック

  • / 移動速度&ジャンプ距離DOWN
  • / 真下に落下する。
  • ×印ブロック / ジャンプで”上に抜けること“ができない。頭をぶつけてしまう。

アイテム

  • 羽靴 / キャラクターの”基本ジャンプ力“を上昇させる。
  • シールド / 効果期間中、一度だけマグマから身を護る。
  • スプリング / 一定範囲のブロックをすべて「スプリングブロック」に変化させる。
  • コンボ数追加 / 取得することで”コンボ数“が増加する。
アイテム一覧イラスト

状況によっては、「シールド」を取得しワザと「マグマ」に落ちるのもアリだぞ。

キャラクター一覧

あらかじめ「ステータス」と「スキル」が決められている、この項目は”強化できない“のでなるべく強いキャラクターを選ぼう。新しいキャラクターは、「ゴールド」or「リアルマネー」で購入することができ、“良ステータス“な「キャラクター」は高価に設定されている。

  • ジャンプ力 / 基本ジャンプの高さ
  • スプリング / スプリングブロックでのジャンプの高さ
  • スキル / コンボスキルの有能性
スキル一覧イラスト

「A+」と「C」ではここまでスキル内容に差があるぞ。

ランスロット
ジャンプ力:A スプリング:C スキル:C
スキルA:スーパージャンプ:コンボ数10
コンボ数が「10の倍数」に到達するごとに「40m」ジャンプする。
スキルB:ハイパージャンプ:コンボ数20
コンボ数が「20の倍数」に到達するごとに「100m」高速ジャンプする。
※初期解放キャラクター

ランスロットイラスト

ベルダンディー
ジャンプ力:C+ スプリング:A スキル:B+
スキルA:デュアルジャンプ:コンボ数5
コンボ数が「5の倍数」に到達するごとに「20m」の”2段ジャンプ“をする。
スキルB:ベルダンディーワープ:コンボ数30
コンボ数が「30の倍数」に到達してからスキルを発動し、画面を”10回タップ“すると「最大300m」まで瞬間移動する。
※価格 \ ¥240 or 20000ゴールド

ベルダンディーイラスト

アリア
ジャンプ力:B+ スプリング:B スキル:A
スキルA:安全な次元の門召喚:コンボ数15
コンボ数が「15の倍数」に到達するごとに、「70m」移動する次元の門を召喚する。
スキルB:嵐の次元の門召喚:コンボ数30
コンボ数が「30の倍数」に到達するごとに、「350m」移動する次元のを召喚する。
※価格 \ ¥360 or 30000ゴールド

アリアイラスト

パシバル
ジャンプ力:A+ スプリング:B+ スキル:B+
スキルA:進撃の盾:コンボ数10
コンボ数が「10の倍数」に到達するごとに「40m」ジャンプする。
スキルB:嵐の盾:コンボ数20
コンボ数が「20の倍数」に到達するごとに盾の魔法効果で「220m」ジャンプする。
※価格 \ ¥600 or 50000ゴールド

パシバルイラスト

エカテリーナ
ジャンプ力:B+ スプリング:B+ スキル:A+
スキルA:ウィング召喚:コンボ数:10
コンボ数が「10の倍数」に到達するごとにウィングを召喚して「60m」ジャンプする。
スキルB:悪魔召喚:コンボ数40
コンボ数が「40の倍数」に到達するごとに悪魔ウルカンの力を使って「500m」の二段ジャンプをする。
※価格 \ ¥600 or 50000ゴールド

エカテリーナイラスト

アモン
ジャンプ力:S スプリング:C スキルC
スキルA:バレエジャンプ:コンボ数10
コンボ数が「10の倍数」に到達するごとにバレリーナのように「50m」ジャンプする。
スキルB:ロケットジャンプ:コンボ数20
コンボ数が「20の倍数」に到達するごとにロケットで「120m」ジャンプする。
※価格 \ ¥600 or 50000ゴールド

アモンイラスト

キャラクターごとに「アップグレード」が可能、アップデートすると「ジャンプ力20%増加 & ジャンプディレイ50%DOWN」が付与される。金額はなんと、そのキャラクターと同金額だ。「アリア」なら30000ゴールド、「アモン」であれば50000ゴールドである。

ボーナス一覧

6日遊べばすれば、ログイン報酬とデイリーイベントだけで50000族を1体購入できるぞ。

毎日「ログイン報酬」で5000ゴールド~10000ゴールドが手に入り、デイリーイベントとして”vP要素“が存在。一日最大5人と勝負可能、相手の記録を破ることで”勝利報酬“として「500ゴールド」が手に入る。金策は主にこの”2つ“を利用することになるぞ。

Jump Knights/攻略

『Jump Knights』は「アイテム」を取るために、「コンボ」を”無駄にする“行動は非常に弱い。「スキル発動」が非常に”強力“なため、アイテムよりもコンボを優先しよう。なぜならば、100秒という限られた時間内での戦いで、スキル発動中は”時間が停止する“これがゲーム中最も強い行動であるためこれを軸に攻略を進めるべきだった……

スキル発動イラスト

唯一「S」ステータスを所持している「アモン」が最強ではないのかと思った……

上記でも言った通り「Jump Knights』の攻略で”目を向けるべき点“が違っていた、見るべき項目は「スキル」なのである。加えて600m~1000m区間は、あからさまにアモンに対策してきている印象。体感5m感覚で「×印ブロック」を配置してきているのだ。これは下からの「ジャンプ」を”一切受け付けない“ブロックなので、いくら「ジャンプ距離」が長かろうが関係なく真下に突き落としてくる。

×印ブロックイラスト

もう「アモン」は自由に空を飛べないぞ。

よってアモンの長距離ジャンプは600m付近から”最長距離“では行えない。またこのゲームのシステム上「スプリングブロック」でのジャンプはステータスの「スプリング」に依存するため、「スプリング」を取得した時のジャンプが”非常に弱い“、さらにキャラクター「当たり判定」が”いびつな形“をしているのが原因で「×印ブロック」に高確率で叩き落とされる。

Jump Knights/まとめ

全キャラクターで「タワー」を登った感想から言うと「パシバル」「エカテリーナ」の”2強“といった印象だ。「アモン」は「基本ジャンプ距離」こそ長いが、その他の”システム“にかなり嫌われている。「リアルマネー」での「コンテニュー」を行うのであればこの順位は入れ替わるだろうが、そんな奴はおそらく存在しない。

『Hoppenhelm』一瞬の判断が騎士の生死を分けるエンドレスアクションゲーム

2018.02.08

全体的にコンテンツの幅も狭く、ゲーム的にはまだ”未完成“だと感じた。しかし「アップデート」で大きく”化けた“作品を何作も見てきているので、今後に期待ができるゲームともいえる。

Jump Knights
Jump Knights
開発元:MOBIRIX
無料
posted with アプリーチ

レビューを書く

「返信する」から投稿した場合、みんなの評価には反映されません。