『ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛』仲間の大切さを知る冒険が再び

ポポロクロイス物語タイトルイラスト

『ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛』は『SEGA CORPORATION』からリリースされた「愛と友情のドラマチックRPG」だ。

むかしむかし剣と魔法がこの世を支配していた頃、王国に危機が訪れたがポポロクロイス城王子「ピエトロ」の活躍により平和は取り戻された。しかしそれは、ほんのひとときの平穏であった……

懐かしの「キャラクター」や「BGM」があなたの”昔の記憶“を、「PS時代」の『ポポロクロイス物語』を呼び覚し、「シリーズ最新作」の冒険物語をあなたは”体感“する。

ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛
ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛
開発元:SEGA CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

ポポロクロイス物語/評価レビュー

「PS時代」にピエトロ王子と共に怪しい森を旅した「ゴン・ドン」といった”マイナー“キャラクターまで登場するので、昔を思い出してプレイできるユーザーにはまず”オススメ“したい。

ゴンとドンイラスト

しかし『ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛』には昔の『ポポロクロイス物語』と大きく違う点があるのでそこだけ気をつけて欲しい。大きく違う点として挙げられるのが、「チャプター」分けされたストーリーだ。今作は「PS時代」の『ポポロクロイス物語』と違い、「ピエトロ」などを操作しマップを自由に歩きまわることはできない

その他のスマホRPGと同じく、用意されたストーリー読みつつ「セミオート戦闘」を繰り返すゲームなので、骨太のRPGがプレイしたいなら素直にプレステを引っ張り出してきたほうがいいかもしれない。

チャプターイラスト

APという名の「スタミナ制」も導入されているのぞ!

『ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛』をプレイし、最も印象に残った点と言えば「ロード」関連のことになるだろう。ことあるごとに「Loading…」の表示が出現し、ストレスフリーとは言えない状況だ。特に場面切り替えの”暗転“が多く、その暗転時の「ロード」が”少し長い“と感じた。”3D“で「ピエトロ」などのキャラクター「読み込み」に手こずっているのだろうが、別に”2D“でも構わないぞ。

ロード画面イラスト

普通にプレイしてると7秒に1回ぐらいロードに突入する。

セミオート“の戦闘ということもあり、少しバトルシーンが”単調“に感じた。さらに『ポポロクロイス物語』という題材で「ソシャゲ」にシフトした戦闘をひたすら行う必要はあるのかと、すこし「時代」に流されている気がして残念な気持ちだ。もう少しプレイヤーの”技術介入“による影響などがあれば、「キャラクター」の人気と相まって“一気に化ける“可能性が『ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛』にはあると思う。

戦闘シーンイラスト

ポチポチゲーとまではいかないが、あまり戦闘でやることはない。

ポポロクロイス物語/システム

物語は「タキネン村」にモンスターが出現したという噂を聞き、ピエトロ一行が退治に向かうところから始まる。今までにリリースされた『ポポロクロイス物語』シリーズとは「戦闘システム」などが少し違うので、新しく覚える必要があるが、”セミオート戦闘“が採用されているのでそこまで難しくはない。

懐かしのキャラクターはもちろん現れる。

■バトルシステム

画面上部に「アクティブレーン」と言われる「攻撃順」を示す枠が表示されており、時間経過で左から順番に攻撃が開始される。「レーン」への登録順は画面下部の「フェイスアイコン」の”チャージ“が終了したキャラクターから”登録“が可能となり、フェイスアイコンを「タップ」すると左詰めで登録されるのだ。フェイスアイコンの”チャージ速度“はキャラクターによって異なるので注意が必要。もちろん敵の「カウントダウン」が0になると「アクティブレーン」に登録されるので、敵の動向もしっかりと見ておく必要がある。さらに手動での登録がめんどうな場合は、画面上部に設けられている「オートバトル」をタップし”ON“にすると自動で「アクティブレーン」への登録を行ってくれるぞ。

ようは、レーンの左から順に攻撃しますよ!ってことだ。

必殺技“は「ゲージ」を消費して行う非常に強力な攻撃である。必殺技ゲージは「攻撃」をしたり「ダメージ」を受けたりすると”チャージ“されるぞ。チャージが完了すると「必殺技マーク」が出現するので、マークを画面上に「フリック」して”ばばーん“と発動だ。さらに「必殺技」は「アクティブレーン」の”登録“に関係なく、最も早く攻撃が可能となっているので、使いかたを理解すれば非常に強力な技となるだろう。

懐かしの「風のやいば」も健在だ。

キャラクターの”成長“には、他の「キャラクター」や「成長アイテム」そして「ゴールド」が必要。もちろんレアリティの高い貴重なキャラクターなどは「成長」に使うのはもったいないので、「アイテム」や「フリーガチャ」などで入手したキャラクターを使用することをオススメする。

できればアイテムを主として成長させたいね。

同じ”レアリティ“のキャラクター同士で「成長」を行うと、”限界突破“ができる。限界を突破した「キャラクター」はレベルの”上限“が引き上がり、「能力値」がさらに上がる。レアリティが同じであればどんな「キャラクター」でも構わないので「限定のキャラクター」や「貴重なキャラクター」は限界突破に使わないでおこう。

画面左上の「レベル」をタップすれば、限界突破と切り替えができる。

ポポロクロイス物語/攻略

「陣形」とはキャラクターの”戦闘中の配置“のことである。様々な陣形がありキャラクターの「個性」を理解し配置することで、能力が変化するので戦いは配置から始まっているのだ。「陣形」の型は「ブレイブコイン交換所」で入手できる他、イベントなどでも手に入るので積極的に参加しよう。

陣形が大切なのは「PS時代」から言い伝えられていることだ。

「アクティブレーン」には”特殊な効果“が付与されるパネルが発生することがある。「攻撃力×1.5」パネルであれば「攻撃力が上昇」するという素直なパネルなのだが、注意して欲しいのは特殊パネルは敵にも効果が発生するこということだ。「回復」などのパネルを相手に取られてしまうと戦況が大きく変化してしまうこともあるので、しっかりと「アクティブレーン」を見てキャラクターを”登録“しよう。

今回は「陣形」に加えて、「パネル」の取り合いも大事だよ。

ポポロクロイス物語/まとめ

『ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛』をプレイした感想としては、昔の『ポポロクロイス物語』という認識で遊ぶことはオススメしない。時代の流れに合わせた”新しい“『ポポロクロイス物語』として遊び、懐かしの「キャラクター」登場する「ソシャゲ」という感覚でプレイし、欲しいキャラクターのために「ガチャ」を回そう。

個人的には「ロード」時間もかなり気になるので、「スマホRPG」を遊びたいのであれば他に優秀なアプリが沢山あるのでそちらをオススメしたい。

ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛
ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛
開発元:SEGA CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

レビューを書く

「返信する」から投稿した場合、みんなの評価には反映されません。