『レッドストーン2』モバイルファンタジーRPGへと進化を遂げたRED STONEの後継作

レッドストーン2
レッドストーン2/ガイ注くんの評価

星2

『レッドストーン2』は2005年にリリースされた人気MMORPG『RED STONE』の”正統“後継作品であり『L&K Co.,Ltd.』の最新作。レッドストーン12年分のノウハウを詰め込み、モバイル版となり新しく生まれ変わった作品だ。

12年もの歳月が経ち、続編がリリースされることは無いと思っていた作品、正統後継作品がリリースされた事はとても嬉しい。しかしその内容は『RED STONE』ユーザーからすると驚く内容であった……

レッドストーン2
レッドストーン2
開発元:L&K Co., Ltd.
無料
posted with アプリーチ

レッドストーン2/評価レビュー

物語は『RED STONE』から100年後の世界。王女が持っていたレッドストーンのかけらを奪われ、平和だった「ブランデル大陸」に再び暗雲が立ち込める。というレッドストーンをめぐる重みのあるストーリ-だが……

セシア

ゲーム中には多種多様な肌色の多いキャラクターが揃っている。

チュートリアルを開始するとまず目に飛び込んでくるのは、チュートリアル中お世話になる「セシルちゃん」。セシルちゃんは『レッドストーン2』の常駐NPCで、常に胸をはだけさせ頬を赤らめているぞ!

そしてチュートリアルを終えるとプレイヤーはすぐに気が付くだろう、これは「レッドストーン2」であって『RED STONE2』でないことに……

『レッドストーン2』は「MMORPG」でなく、「モバイルファンタジーRPG」という現代にフィットしたゲームジャンルへと進化していた『RED STONE』の正統後継作品を謳うのであれば、ユーザーは”MMORPG“を待ち望んでいただろう。

とにかく一言で表現すると、”コレジャナイ“のだ……

レッドストーン2/システム

通常攻撃は近くに敵が存在すれば自動で行うので細かいタップ技術は必要ない。スキル攻撃は画面右下にアイコンが複数あり、発動すれば一気に敵をなぎ倒せる。

移動操作は、長押しの「通常移動」とタップの「クイックムーブ」の2種。こちらもタップ技術はそこまで影響しないので、比較的脳死でプレイできるぞ。

『レッドストーン2』は4つの中から好きな職業を選ぶことができるので、まずは自分のフィーリングに合うクラスで遊んでみよう。

ファイター/くのいち
体自体が武器である武術の達人、接近戦での高い火力が持ち味。

ファイター

公式も一押しの「ファイター」ちゃん。

ウォーリアー/バーサーカー
高い体力と防御力を持ち、味方をあらゆる攻撃から守る盾。

ウォーリアー

唯一のタンカーはのちのち重宝されるだろう。

アーチャー/マスケッティア
弓を使った攻撃を得意とし、遠距離で高い火力を生み出す。

アーチャー

ファイターと火力職を二分するが、こちらは遠距離型だ。

プリースト/アークエンジェル
4職業唯一のヒーラーであり、近接戦闘で高い火力を誇る。

プリースト

「殴れるヒーラー」、ヒールしないという選択肢もアリ?

職業ごとに”変身“という『RED STONE』ではお馴染みのシステム搭載。大幅に強化された姿へと変身することができるぞ。さらに、1次職2次職と多くの派生職があり、どの職へと昇華するか悩みどころとなるだろう。

レッドストーン2/攻略

前作『RED STONE』ファンはがっかりするかもしれないが、今作「レッドストーン2」は章分けされたストーリーをクリアすることになる。おとなしく順番に進めよう。

ストーリー

まさかのストーリー形式。

ストーリーに挑戦するごとに、キャンディというアイテムを1つ消費。序盤のストーリーを普通に進めていればまず尽きることはない。

そして、ストーリーの進め方だが、もっとも効率が良く低燃費なのが「オートバトル」だ。「オートバトル」を100回以上クエスト進行に使用してみたが、非常に賢く無駄な動きをあまりしない。さらに”1回500ゴールド“を支払う事でスキルなどを自動で使う1段階上の「オートバトル」へ進化する。多くのストーリーではクリア時に500ゴールド以上を稼ぐことができるので、ささいなデメリットだろう。

なぜここまで「オートバトル」をオススメするのかというと「戦闘がまったくおもしろくない」からである。

ただ近づいてスキルをタップしているだけ。ゲーム性やおもしろさでいうのであれば「とんとん相撲」の方がよっぽど心躍るモノがある。現代人をなめるな。

レッドストーン2/まとめ

私自身『RED STONE』のユーザーであったため「MMORPG」から「モバイルファンタジーRPG」へのジャンル変更はとても悲しい。現状としてはスキルの自由度もあまりなく、『RED STONE』のあの”新しいスキル“を覚えた時のワクワク感はもう存在しない。『RED STONE』として引き継いだ要素があるとすれば「変身」ぐらいである。

公式HPのアナウンスに12月中に追加されるキャラクターとして「マジシャン」「フリーランサー」の2キャラクター。

  • パーティーレイド
  • 決闘
  • ギルド

メインコンテンツでは上記3つが追加されるという事もあり、良くも悪くも今後に期待である。新たな『RED STONE』として、「レッドストーン2」が世に知れ渡る作品となる事を切に願う。

レッドストーン2
レッドストーン2
開発元:L&K Co., Ltd.
無料
posted with アプリーチ

2 件のコメント

  • 記事に誤解を招く文章があります。
    自動戦闘自体はゴールド消化がなく、自動戦闘時にスキルを使用する場合のみ500G消化します。
    基本的なストーリーではスキルを使用しなくてもクリアできますので、使うとしたらレイドや強敵のみでしょう。

    感想

    ゲーム ★★★☆☆

    汎用スマホRPGなので続編とはいいがたい。
    放置ができることと回線状況にあまり影響がないので割り切れば特に問題なし。

    システム ★★☆☆☆

    心持ちUIがごちゃごちゃしすぎている印象。
    公式側が告知等を外部サイト(ツイッター等)に丸投げして、詳細をゲーム内ですぐに知れないのはよくない。

    課金 ★★★★☆

    最上位ランクの仲間の入手手段が無課金でもかなり豊富。
    序盤はコンテンツクリアに苦しむが、中盤以降は比較的さくさく仲間を集められるので自然に確立も高くなる。

    ストーリー ★★★★★

    前作のストーリー要素は濃く引き継いでいます。
    公式側が続編としていますが、正確にはスピンオフととらえていいでしょう。(ハリポタでいうところのファンタビ)

    4.0 rating

    • ご指摘、そしてレビューありがとうございます。
      一部誤解をまねくおそれのある文章は訂正いたします。

      3.0 rating

  • レビューを書く

    「返信する」から投稿した場合、みんなの評価には反映されません。