『ガーディアンズ』スタミナなし!待ち時間なし!本格MMORPGの誕生

ガーディアンズタイトルイラスト

ガーディアンズ/ガイ注くんの評価

星3.5

『ガーディアンズ』は『LINE Corporation』からリリースされている「MMORPG」だ。

すべてのモードで”スタミナ“という要素を”廃止“、これにより遊びたい時に遊びたいだけ『ガーディアンズ』をプレイすることができる。さらに「LINE」を利用しての”マッチング“と「ゲーム内」のシステムを使ってのマッチングで”パーティー探し“での苦労を感じさせない仕様に。

まったりじっくりプレイできる、俺たちの探していた「MMORPG」がココにあった。

ガーディアンズ
ガーディアンズ
開発元:LINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

ガーディアンズ/評価レビュー

『ガーディアンズ』は最近では珍しい、「正統派MMORPG」という王道を歩むタイトルだ。全盛期“であった2000年代の「MMORPG」の良さをしっかりと現代の「スマホゲーム」に落とし込み、簡単な”操作“としっかりと考えられた”ユーザーインターフェース“により、コアな”ユーザー“をうならせる作品が誕生した。

2000年代のPCゲームに勝利しているレベルのグラフィックだ。

『ガーディアンズ』は”立ち回り“に重きを置いており、「回避」や「カウンター」など”反射神経“を求められる”目押し“部分を排除しているぞ。大型ボスの”攻撃“は「範囲」があらかじめ表示されるので、ある程度”予測“した立ち回りが”重要“となってくる。「回避」や「カウンター」ではないが、”“を装備することで「ガード率」が付与されるので、”不確定要素“ではあるが「立ち回り」に不安のあるプレイヤーへの”救済措置“程度には機能するだろう。

GRD%は良い盾になればなるほど上昇していく。

『LINE Corporation』が開発していると言うこともあり、マッチングシステムに『LINE』が”採用“されている。これにより「友人」と一緒にクエストをプレイしたい時に素早くかつ正確にパーティーを組むことができるぞ。もちろん『LINE』を”使用せず“に、ゲーム内システムで「パーティーメンバー」を募集することも”可能“なので、私たちボッチ族にもしっかりと配慮がなされている訳だ。

全国で募集を開始すれば、右画像のように待つだけで「メンバー」が集まる。

ガーディアンズ/システム

『ガーディアンズ』での”冒険“の大きな目的は「グランダリア」で暮らす人々を「魔獣」の脅威から守ることである。]

でっかいカエルにしか見えないが、魔獣だぞ。

まずプレイヤーは「冒険者ギルド」の”新入り“として「プレイヤー名」を入力するところから始まり、その後キャラクターメイクとして、「性別・髪型・肌色・ボイス」を選ぶことになる。「プレイヤー名」は後から”変更“することが可能なので、その時好きな名前で構わないぞ。

上から「鎧」やら「兜」やらを装備するので、あんまり顔は見えないぞ。

『ガーディアンズ』の基本的な操作方法は非常にシンプルで、「移動」は画面を「スワイプ」し、指を”維持“することでキャラクターが走り出す。さらに「通常攻撃」は画面を「タップ」することで行われる。攻撃“をガンガン振っているだけでも敵をなぎ倒せるので、”ストレス解消“にはもってこいだ。

マップを踏破すると特殊な報酬が受け取れるぞ。

敵にダメージを与える”手段“は、「通常攻撃」だけではない、それぞれの「ジョブ」によって変化する「スキル」での攻撃が最も場面を”変化“させるだろう。スキルの使用方法は”画面下部“の「パレット」に並んでいる丸いボタンを「タップ」だ。さらにパレット右上のボタンを「タップ」で体力を回復したり、バフをかけたりできる「アイテム」も使えるぞ。

パレットのスキル位置も重要だぞ。

そして『ガーディアンズ』において最も”重要“な要素である、「ジョブ」について説明しよう。「ジョブ」とは主人公の「長所・短所」を大きく左右する重要なモノだ。それぞれに得意な”戦闘距離“や”行動“が決まっているので、しっかりと説明文を読み”理解度“を高めた上で選んでもらいたい。

  • 「ソルジャー」 ”近接戦闘“を得意とする職業。剣と大剣の攻撃スキルを得意とし、”物理防御“と”体力“が高く、パーティーの”“役に適してる。しかし精神力が低いため”魔法攻撃“に対し弱い。
  • 「レンジャー」 弓による”遠距離攻撃“を得意とする職業。強力な”物理攻撃“と”状態異常“を敵に与えるスキルが得意だ。また、斧を装備することで攻撃に特化させる型もできるが、”防御面“に少し心配があるため”慎重“な立ち回りが求められる。
  • 「プリースト」 ”回復魔法“を得意とする職業。ベースの攻撃力・防御力が”低い“ため、単独での行動ではなく他職を”サポート“する動きが強い。初期時点で習得している”ヒール“は、序盤攻略の要と言っていいだろう。
  • 「ウィザード」 ”魔法攻撃“を得意とする職業。”魔力“が高く、単発での”火力“は物理職よりも強力だ。しかし”防御力“が低いため接近戦に大きな不安がある。火・水・風・土の4属性の”攻撃魔法“を扱うことができるが、中でも火・土の範囲魔法が得意。

「ジョブ」は最初に1つ選び、その後”何度でも“変更は可能だ。この敵にはあの「スキル」が刺さるので、「レンジャー」で行こう!という様に、相手によって「ジョブ」を変えるのも”有効な手段“の1つかも知れない。

とりあえず全職を触ってみるのが良いかもしれない。

操作方法を学び、「ジョブ」を選んで、ついに”冒険世界“へと足を踏み入れる訳だが、『ガーディアンズ』には2つの「PvE」コンテンツが存在する、その2つとは「ワールド」と「クエスト」だ。

「ワールド」でレベリング、「クエスト」でもレベリングだ!

「ワールド」は「ワールド探索」に該当し、主に「魔獣」とのバトルや「素材」の採取、「宝箱」の探索などが可能。「魔獣」を倒すことでドロップする宝箱からは「神具」を調合するのに必要な素材が入っているぞ。さらに素材の「採取ポイント」は取得しても一定時間で再度出現するので、こまめに拾うことを心がけよう。

こまめな採取は世界を救うぞ。

ワールド探索で「魔獣」から猛攻を受け”ダメージ“を負ってしまった場合は”自動回復“を試みてはどうだろうか。「自動回復」とは、「移動」や「攻撃」を一切せず、その場にしばらく立ち止まっていることを”条件“とする「回復方法」だ。体力“が減った状態で”危険“でない場合は「アイテム」を無理に使用せず「自動回復」を待とう。

ポーションの使い過ぎは、いざという時に・・・

MMORPGにおいて「装備」の「強化・覚醒」は”重要“かつ楽しみな「システム」のひとつである。もちろん『ガーディアンズ』でも「装備」は存在し、名称は”神具“だ。「神具」を装備すことで「ステータス」が上昇が上昇し、装着可能部位は「右手・左手・頭・体」の”4箇所“に「アクセサリー」は最大”3箇所“だ。

  • 武器 / 「剣・大剣・斧・槍・弓・杖」
  • 防具 / 「兜・帽子・サークレット・ハット・鎧・軽装・法衣・ローブ・盾」

と、武器が全6種、防具が全9種。装着できる神具は「ジョブ」ごとに異なるため、すべての「武器」と「防具」を1つの「ジョブ」で使用できる訳ではない。しかし「ジョブ」はいつでも”変更可能“なので、実質すべて装着可能だ!!!

SSRの提供割合は「3%」だ!普通だ!!!

ガーディアンズ/攻略

『ガーディアンズ』は敵と自分のレベルが適正でなければ、システム的に”経験値量“が”削減“される仕様になっている。友人とレベルが離れ過ぎている場合は、レベルが低いプレイヤーに合わせてレベリングすることを強くオススメするぞ。コンテンツは「ワールド」ではなく「クエスト」を選択し、一瞬で高レベルの友人に”処理“してもらうのが最も手っ取り早いだろう。

左から「低・適正・高」のエリアレベルの順だ。一見右が良さそうに見えるが1体倒すので精一杯だぞ。

ガーディアンズ/まとめ

『ガーディアンズ』をガッツリとやり込んだ感想としては、今からスタートするにしては”開幕勢“と少し”レベル差“が生まれており「GRクエスト」でボス戦闘に”緊張感“がなくなってしまっている部分が残念な点であった。やはり「MMORPG」だけあり、”ゴールデンタイム“以外は「やり込み勢」との「マッチング」がほとんどである。私がプレイしている”時間帯“があまり良くないのかも知れないが、低レベルの”人口増加“が待たれる作品だ。

ガーディアンズ
ガーディアンズ
開発元:LINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

レビューを書く

「返信する」から投稿した場合、みんなの評価には反映されません。